借金の時効

借金の時効

借金には時効があるのをご存知ですか?

 

なんと借金には一定の期間 権利が行使されなかった場合に、その権利を消滅させる時効、いわゆる消滅時効が存在するのです。

借金の時効

借金の時効は法人に借りた場合は5年、個人に借りた場合は10年と言われています。
最後の返済の次の日から計算して5年もしくは10年で時効が成立するのです。

 

借金が返せないときは、放っておけばそのうち時効になるのですから「じゃあ返済も何もせず、無視し続ければ借金はなくなるの?やった〜!」となりますよね。

 

借り放題でその後は無視して5年待てばいいのね!と。
残念ながら、時効の中断という制度のがあるのでそんな簡単な話ではないのです。

 

つまり、お金を貸した債権者が「その時効待った!」と、裁判所に訴訟を起こしたり、支払の催促や調停申し立て、即時和解申し立てなどを行うと、時効は中断されるのです。
また債権者に「1円でもいいから支払ってください」と言われて、債務者が本当に1円返済した場合も借金の存在を認めたこととなり、時効が中断します。

 

借金の時効は、そんなに簡単に確定出来ないようになっているのです。

 

さらに、時効の条件がそろっていても、時効であると宣言しないといけないことになっています。
つまり、法律の専門家に相談しないかぎり、時効にすることもできないと考えられます。