過払い金請求

過払い金請求とは

過払い金があるかもしれません

 

テレビコマーシャルでさんざん流れる過払い金請求って何でしょう?
過払い金とは、利息制限法で定められた金利よりも高い金利でお金を借りていた場合、支払いすぎていた利息分が返金されるというものです。

 

普通利息は、利息制限法によって制限されています。
・元金が10万円未満・・・年20%の金利
・元金が10万円以上〜100万円未満・・・年18%の金利
・元金が100万円以上・・・年15%の金利

 

しかし以前の消費者金融の課した金利にはグレーゾーン金利というものがあり、利息制限を超えるものでした。出資法の年29.2%を超えなければよいとされる範囲の利息を取っていたわけです。
つまり利息制限法で定められた15〜20%の金利〜29・2%の間をグレーゾーン金利と言うのです。しかし平成22年6月18日からは出資法の上限金利も20%に引き下げられたため、これを超える金利は行政処分の対象となったわけです。

 

そしてこのグレーゾーン金利で払いすぎた利息を返還してもらえるのが、過払い金請求なのです。多くの人が金利を払いすぎていたことがわかり、裁判所の命令により払いすぎた金利を返還しなければならないという判決が出たため、武富士など多くの金融業者などが倒産に追い込まれました。金融業者が倒産して一定期間が経過すると、過払い金は戻ってこなくなります。

 

しかし過払い金の消滅時効は返済終了から10年です。ずっと前に返済し終わった借金があるという方はお早めにお手続きください。