借金弁護士無料相談

自己破産と住宅ローン

自己破産をすると住宅ローンが組めないと言われます。本当のところはどうなのでしょうか?

 

自己破産をするということは、信用情報会社に名前や住所が記載されるために5年〜10年クレジットカードが作れません。
当然住宅ローンも然りです。

 

銀行が使う信用情報会社は10年間は履歴が残りますので、最低でも10年は住宅ローンは組めないでしょう。

 

他の金融機関が使用している信用情報機関は5年間は履歴が残ります。
なら、その辺であれば5年経てば住宅ローンが組めるのかというと、そう簡単な話でもありません。

 

やはり自己破産後の年収や、頭金などの現金の状況によって判断されるため平坦な道とは言えません。
さらにやはり一度信用が落ちていますので、心象も良くありません。

 

自分が住宅ローンの審査に通る可能性があるのか知りたいなら、まずクレジットカードを作ってみるのが1番わかりやすいです。
カードの審査に通らないようであれば、住宅ローンの審査にも通らないと考えたほうがいいです。

 

たとえクレジットカードを作ることが出来ても、返済が滞ったりすれば信用度が下がりますのでご注意くださいね。