弁護士と司法書士の違い

借金問題は弁護士か司法書士に相談

借金問題を解決できるのは、弁護士か司法書士という法律の専門家です。
弁護士と司法書士が扱える案件が異なりますので、自分に合う方を選びましょう。
弁護士と司法書士
@弁護士は司法試験に合格しなければなりません。弁護士は依頼人の代わりに法律行為を行うことのできる権利(代理権)を持っています。この業務は弁護士しかできません。

債務整理においても、司法書士のような制限はなく対応することができます。
任意整理、個人再生、自己破産、どれでも扱うことができます。

 

 

A司法書士は弁護士のような法律行為を代行することは出来ません。法律相談もできません。ただし法務大臣の認定(認定司法書士)があれば、簡易裁判所の訴訟代理権が与えられます。
認定司法書士は、140万円以下の請求であれば代理人になることができます。これはつまり、過払い金が140万円以下であれば司法書士でも取り扱えるということです。

 

そして債務整理のうちの任意整理については司法書士でも取り扱いが可能です。ただし、経済的な利益が140万円以下の場合です。
しかし、地方裁判所での手続きが必要となる個人再生や自己破産の手続きは司法書士には扱うことができません。ただし、書類作成のサポートはできます。

 

 

こんなに出来ることに差があるなら、弁護士に依頼したほうがいいのではと思うことでしょう。ただ、弁護士と司法書士に依頼する中で1番大きなのが費用の面です。費用に関しては弁護士のほうが当然高額になりがちです。
だから、任意整理が140万円以下の手続きなら司法書士にお願いする人もいらっしゃるのです。
今は弁護士の数も増えましたので、無料相談をしている法律事務所も増えました。まずはじっくり相談してみましょう。