店頭FXと取引所FXについて

異なる2ヶ国の外国通貨(為替)を交換や売買し、その差額利益を得る事が出来る金融商品といえば皆さんもご存知のFXです。
FX=Foreign Exchangeの略で、外為(がいため)とも呼ばれており、正式名称は外国為替証拠金取引と言います。
この正式名称に含まれている証拠金(レバレッジ)とは、FXなどの取引を始める際に保証金代わりに銀行や取引所などへ預け入れるお金の事で、このレバレッジを担保にして預け入れた金額の数倍の取引を行うことが可能になります。

FXを始める前に知っていただきたいことはレバレッジに比例して利益も大きくなりますが、反対に損益も比例するという事。
FXではレバレッジ○倍といった形で取引を行っていきますが、1万円のレバレッジ10倍だと10万円、10万円のレバレッジ10倍だと100万円といった具合です。
実際の実数で考えてみると10万円のレバレッジ10倍、つまり100万円分のドルを1ドル100円で10万ドル購入したとします。
その後、101円で売った場合、10万円の利益が出る事になります。
逆に、99円に下がってしまった事で売った場合マイナス10万円となり損失となるわけです。

FXは通常金融商品を現金で直接売買するのとは異なり、取引にて生じる差額だけの取引を行うことが出来る仕組みになっています。
先の実例で考えると1ドル100円で100万円分を10万ドル購入する際、100万円を支払うのではなく、取引終了後に発生した利益もしくは損益の10万円だけの取引を行います。

このFXですが、通常のFX業者を通して行う店頭FXと、取引所を通して行うくりっく株365などの取引所FXの2種類あります。
この2種類を比較すると、手数料などが異なる事から、これから長期的にFXを行うという場合にはしっかりと比較して選ぶことで、例え僅かであっても、不要な出費を抑える事が出来るようになります。

店頭FXの場合にはキャンペーンなどを行っている事も多く、単に手数料だけを比べるのではなく、過去のキャンペーンなども考慮して、どちらが自分にとって得であるか、割安であるのかを見ると良いでしょう。

 
 

外国為替の概念と日本の銀行の対応

外国為替は大別すると2つの意味があります。
それは立替と交換で、いずれも取引を行う際に重要です。
日本でも銀行などで行われており、旅行などで利用したい方に対応しています。

立替は貿易における決済の仕組みとなっています。
輸出入に関して日本の銀行などで行う金融業務や、外国へ送金する業務を指します。
主に輸出や輸入について、事務手続きを行っていきます。
一方交換の意味合いは為替レートを指しており、ニュースなどで報道される為替相場となります。
各国の経済動向によって、相場動向に注目している人は、見る機会が多くなるでしょう。

そして為替は立替で利用されています。
遠方で生活している取引相手に対し、債権や債務を決済して現金を一切輸送しません。
昔から利用されている取引方法であり、取引の効率化を図って行われています。

したがって外国為替も現金でなく債権などを決済して取引を終了させていきます。
海外の銀行にある預金口座によって決済していきますが、海外で日本の銀行システムにある、決済システムが一切ありません。
海外の銀行へ決済を行う預金勘定を開設することで対応可能となります。
預金勘定のことをコルレス勘定ともいい、為替決済の取り決めを行って進めていきます。

 
 

イギリスの通貨ポンドの現状

イギリスの通貨はポンドです。
昔ポンドは世界の基軸通貨となっており、為替相場においても代表的な通貨となっていました。
しかし近年ヨーロッパでユーロが共通通貨として出回っており、世界各国の主要通貨として注目されるようになりました。
しかしイギリスでは現在もポンドを利用して取引を行っています。
市場でもポンドの流通量は未だに多いです。

ポンドの特徴をみていくと米ドルやユーロ、さらに日本円など世界各国の通貨と比較すると短期的に激しく変動します。
FXなどで為替差益を狙う投資家も多いですが、投資期間が短いというのも特徴的です。
短期投資はリスクも大きいので、利益と損失のバランスを考えて投資することが求められます。

イギリスの首都ロンドンは現在でも世界各国で展開している企業や、各国の証券や銀行そして法律事務所も集中しています。
そしてロンドン市場は世界一金融取引が多くなっており、テロの対象になることも危惧されています。
またイギリス内でポンドが流通していることが多く、世界各国の市場では流通量が少ないです。
そのため僅かな変化で相場が大きく変化しますので、ハイリスクながらもハイリターンを狙える通貨です。
影響を受ける要因としてイギリスでの消費物価上昇率などがあります。
投資を行う際には注意しましょう。

 
 

高金利通貨のトルコリラ取引の注意点

歴史的なインフレを抑制するため金利を維持する政策を行っているため、トルコリラの取引は安定して高金利通貨となっています。
1990年代になるとトルコはインフレが過剰に起こっていました。
年率で60パーセントを超えるインフレ率となっていましたが、政策により2005年以降は1桁台に抑えることに成功しました。
その要因として法人税がこれまでの30パーセントより20パーセントに下げたこと、また金融セクターの自由化や原油などのエネルギー関連の価格下落があります。

トルコリラは取引を長く行うと効果的という投資家が多いです。
トルコは原油や天然ガスなど、日本と同じように輸入して頼っています。
海外の動向によって影響を受けることも多く、経済収支が材料の高騰によって悪化することも考えられます。
インフレ率の上昇などを視野に入れて、政策金利が高めに設定されています。
しかしトルコ国内の動向によって、再度インフレ率の上昇があればトルコリラのレートも大きく変化します。

投資をする上では高金利となっていますので、利益追求とともに通貨によるリスクも考えて投資を行いましょう。
また旅行で両替を行う際にも、レートが場所によって変化することがあります。
今後効率よくトルコリラへの両替を検討したい方は、事前に調べておきましょう。

 
 

ヨーロッパにおけるユーロなどの為替市場

ヨーロッパ各国で利用されているユーロは、経済でも注目されている共通の通貨となっています。
為替相場においてユーロは米ドルに次ぐ基礎通貨となっています。
またFXにおいて売買の比率を算出する時、こちらも米ドルの次に取引量が多くなっています。

ヨーロッパにおいてロンドン市場が為替取引の中心となっています。
取引時間について季節によって変わっていきますが、夏時間では取引時間が日本時間で午後2時半より3時まで、冬時間だと午後3時より4時に取引が開始されます。
取引時間が1時間の時差しかありませんので、多くの市場はロンドン市場へと組み込んでいきます。
ユーロについてはドルや円について一切介在することがないユーロ対欧州通貨や、イギリスの通貨であるポンド対欧州通貨に関するクロス取引が多く行っています。

日本時間で夕方の5時頃からヨーロッパ市場について見ると、イギリスや欧州における指標について発表されます。
これらの情報が一気に出てくると、これまでの動きについて関連性がなくなり、大きく相場が変わり始めます。
アジア時間に生まれたポジションも、ヨーロッパ側で損切りを行おうと仕掛けてきます。
自分の投資で損失を生まないように、しっかりと考慮しながら投資を行っていきましょう。

 
 

米ドルとトルコリラの関係性

トルコリラはFXにおいて高金利通貨といわれています。
利益を一気に見込める通貨でありながら、一気にリスクを伴う通貨として世界各国でも認識されています。
トルコリラと日本円は、FXを利用する投資家が買いスワップが高い点に注目しています。
スワップが高い理由として、政策金利が現在高くなっているという点があります。

現在も成長著しい状況にある、新興国となっているトルコですが政策金利は7.5パーセントとなっています。
これはニュージーランドなどの高金利となっている世界各国の通貨以上となっています。
両替をする時にもトルコリラは高金利であることを知ることができるかもしれません。

金利の差を見ていけばアメリカや日本とは歴然の差を感じることでしょう。
スワップポイントについても高くなっているので、投資に向いているといえるでしょう。
トルコリラと日本円におけるスワップが高い点は、他にもトルコリラにおける対円レートが低くなっているという点もあります。
投資を行う際には参考にするといいでしょう。

また米ドルについてみていくと、アメリカのドルインデックスに注目するといいでしょう。
ドルインデックスでドル高が徐々にピークになると、トルコリラも安値をつけていきます。
関係性も重視しながら、トルコリラの投資を進めていかなければなりません。